クロアチア旅行⑤: モンテネグロツアー

⑤では、ドゥブロブニク発のモンテネグロツアーについて書こうと思います。

モンテネグロツアーでは、3都市(?)を訪れます。
・Perast (ペラスト)
・Kotor (コトル)
・Budva (ブドヴァ)

前日夜に申し込んだモンテネグロツアー。ボスニアヘルツェゴビナモスタルに行くツアーと悩みましたが、結局こちらに。バスに乗っている時間が少し短かったのが決め手ですね。
申し込んだところで、320クーナ/人でした。現金払いなら290クーナ/人で行けたのですが、残念ながら現金不足でクレジットカードで払いました。ちなみに支払いはツアー当日に迎えに来た人に払います。

当日は、旧市街に泊まっていたので、ケーブルカー駅に7時集合でした。そこから新市街に迎えに来た人の車で向かいます。私たちだけでした。
新市街のどこかで何分か待ちました。すると20人くらい乗りのバスが来て乗り込みます。ほぼ満席でした。

f:id:RodriguezK:20170717220209j:plain



新市街を出ると、旧市街、ドゥブロブニク空港、クロアチア出国審査、モンテネグロ入国審査、トイレ休憩、を挟んで、最初の目的地ペラストに到着です。
8時くらいに旧市街を出て、10:30くらいにペラスト着ですね。

生まれて初めて、パスポートに車での入国スタンプを押されました。
なんかうれしいです。
ツアーは、1組日本人のカップルがいました。カナダ在住の方で、奥様は日本人ではないような気がします。会話が英語だったので。
あとはアルゼンチンとか、USとかですね。基本的に白人でした。

ペラストは、海(?)、湖(?)に浮かぶ人工島があります。そこに行くか行かないかをガイドに聞かれます。私たちは行きました。行かなければ、その辺を散策することになります。

ペラストの街並み。教会があるのかな。

f:id:RodriguezK:20170717220250j:plain


陸から見た、島。木が生えている島(真ん中らへん)と人工島(右側)が見えます。
右側の人工島に小舟で上陸します。

f:id:RodriguezK:20170717220407j:plain


島にある教会。島には結構は数の人がいます。
この島の中に小さなお土産屋さん(絵葉書とかドリンク等販売)がありますが、ユーロしか使えません。しかも小銭のみ。何か買いたい場合は小銭のご準備を。

f:id:RodriguezK:20170717220435j:plain


たしか、1時間弱の滞在です。そこから20分くらい乗ってきたバスに乗ってコトルへ。
城壁に囲まれた街(都市?)ですね。山の方まで要塞化されていて、昔の人の偉大さを感じます。3ユーロ/人にお金を払えば、山の城壁まで好きなだけ登れます。途中で飽きるので、最後まではいかなかったですが、どこまで登れるかは不明です。
景色は、ドゥブロブニクと似ています。屋根がオレンジだからかな。

見にくいですが、右上の方まで城壁・要塞が続いています。

f:id:RodriguezK:20170717221442j:plain


山の途中から見た街並み。大型クルーズ船も止まっています。
f:id:RodriguezK:20170717221509j:plain


コトルは、ドゥブロブニク同様に、狭い道が城壁内に入り組んであります。地図を見ながら歩かないと迷子状態になりますね。猫も多いです。
ここも1時間の滞在で、次の目的地のブドヴァに向かいます。この時点で13:30ですが、ランチタイムはブドヴァとなります。


コトルからブドヴァへは、車で20分弱くらいでしょうか。かなり近い印象です。
ここには大きなビーチがあったり、ヨットハーバーがあったり、リゾート感が強くなります。
街は、城壁と海に囲まれています。よくあるパターンです。
余り大きくないです。しかもさすがにこのパターンは飽きてくるので、さっと見て。適当にレストランに向かいます。
そこで食べたのはシーフードパスタ(?)です。めちゃうまい。この地域のシーフードは最高です。

要塞。モンテネグロの旗がかっこいい!

f:id:RodriguezK:20170717222536j:plain


市街への入り口(出口)。これまでの都市で一番簡単に侵入できそうです。笑

f:id:RodriguezK:20170717222654j:plain


食べたパスタ。濃厚でおいしい!!

f:id:RodriguezK:20170717222800j:plain


この後は、フェリーにも乗りつつドゥブロブニクへ戻ります。
16:00前にブドヴァを出発し、18:30くらいに旧市街に戻れました。

バスの時間が長くなりますが、充実したモンテネグロツアーでした。
ドゥブロブニクに行った際には是非チャレンジしてほしいです。

ドゥブロブニクに戻ってからは、ドゥブロブニク最後のDinnerを満喫して眠りにつきました。

次は、ドゥブロブニクからスプリットまでの移動について書こうと思います。

ではまた!
たぬき王